自分自身をコントロールする

自分のコントロールをしっかり

モチベーションを常に維持するのは難しいもの。私も毎月のように上がったり下がったり、自分の感情に振り回されています。ただ、自分でコントロールできるようになればもっと楽になります。その方法をご紹介します。

自分のストレス解消法を知る

仕事で嫌味を言われた、ミスをしてしまった、子供にきつく当たってしまった・・・など女性は生活の中で多くのストレスを抱えています。

そんな時「私って本当にだめ」とネガティブな気分になってしまうこともありますが、そんな時こそ自分のストレス解消法を知っているといち早く立ち直ることができます。難しく考えずに、小さなことでも大丈夫です。

例えば私なら
・熱いお風呂につかる(これでもかというくらい熱くしていっぱい汗をかきます)
・ヨガに行く(ヨガがとても好きなので、本当に大好き♡という満たされた気持ちになります)
・大自然の中で遊ぶ(大人になってからBBQやキャンプをすると、服が汚れてしまうことや会社にいる姿とのギャップに自分自身最初は抵抗があります。でも慣れるとその開放感にヤミツキになります)
・本屋さんに行く(本屋さんは私のパワースポットです。数々の本にヒントをもらうだけでなく、行くだけで元気になります)
などいくつか自分の気持ちを落ち着ける引き出しがあります。これらを自分の気持ちに合わせて取り出すだけで、随分気持ちが変わります。

ヨガのすすめ

中でも精神安定剤として大きな役目を果たしてくれているヨガを紹介します。ヨガは誰と競うものでもありません。今の自分の状態、今ここに集中するんです。

レッスンの最初は座りながら自分の呼吸の浅さ、深さ、量に注目します。そして少しずつ体をほぐして伸ばしながら、ポーズをとっていきます。

体幹に効くもの、筋肉を伸ばしてくれるもの、ひとつひとつの骨の間を開いていくようなポーズなど。それぞれをゆっくりと行いながら呼吸を体の隅々まで入れていきます。凝っている場所は痛みを感じたり、思い描くように動けないかもしれません。でも大丈夫。
そんな時こそ無理をせずに、心地よいところでストップします。そうして少しずつ、ポーズに挑戦していくことでできることが増えていきます。

全ての基本は「心地よいこと」。これを大切にして入れば楽しくヨガができます。
レッスンの最後には死者のポーズでお休みをするのですが、レッスンが始まる前に引きずっていた生活で感じていたモヤモヤや、イライラはどうでもよくなってしまうような気持ちになります。これはヨガの効果。

世界中のメディアや本、様々なサイトにもヨガがおすすめされている理由はここにあります。トップアスリートやトップモデルもヨガを行うのはこの精神的な安定を得るためでもあるんです。
そして最後に呼吸を比べてみます。レッスンの最初に比べて明らかに深くゆったりした呼吸ができるようになったと気づきます。

イライラしていると呼吸が浅くなるということを聞いたことがありますか?もしも生活の中で感情が高まってしまうことがあっても、ヨガの知恵や練習してきた呼吸を応用して簡単に落ち着くことができるようになってきます。
こうしてヨガを日常に取り入れることによって、私のモチベーションを保っています。

スッキリしたら未来を描く

未来を描く

ストレスとひと段落ついたら、未来を描きます。これは現実的に可能かどうかは関係ありません。「こんな未来があったら素敵だな」ということを妄想して書きます。
すると、なんだかできそうで気持ちになってきてモチベーションは元通りです。

未来を描くことができればあとは進むだけ。そう考えるととても気楽な気分になれます。

いかがでしたか?モチベーションの上げ方は人それぞれです。でも自分が喜ぶ方法を知ってご褒美をあげるだけで、モチベーションは上がってきます。もっともっと自分のために、幸せを感じられる毎日を作ることができますよ。
もし一つでも気になること、心に刺さることがあったら試してみてくださいね。