30代でも痩せられる!豆腐と野菜でダイエット!

豆腐と野菜でダイエット

もともと痩せ型とは言い難い体型でしたが、大学生の頃からさらに体重が10キロほど増え、それはなかなか減りませんでした。学生時代の乱れた食生活なども影響していたのだと思います。朝ご飯は食べる暇がなく、お昼は家で作ったおにぎりなどを持って行きましたが、夜遅くなるともちろんおにぎり2個では足りず、結局何かを買ってしまいます。
そして夜遅くに家に帰り、母が用意してくれた夕食を食べますが、これはなんせ6時ごろに帰ってくる父の夕食と同じもなので、決して夜遅くに健康的と言える食事ではありません。

何とかしようとは思うのですが、夜遅くとは言えお腹は空いているし、どうせ朝ご飯は食べないだろうと思っているために晩ご飯を抜くなり軽くするわけにはいきませんでした。
夜遅くで運動もできない
また、親にも散々嫌みを言われ、ダイエットをしようとはしたのですが、実家でのダイエットはとにかく難しい。母は父に合わせた食事を作っていましたが(母自身もダイエットをしたいと言っていましたが、「他の人に料理を作りながら自分がそれを食べられないなんて嫌」という考えの人ですので…)、父は決してダイエットが必要な人ではなく、むしろ痩せすぎくらいの人でした。
また、母は創意工夫が得意な人で、品数も多かったのです。母に都合があり、私が夕食を作り続けると家族そろって体重が減る、という状態でした。そのため家の食事でダイエットは無理。母もいろいろ考えてはくれましたが、冷奴に薬味を加えただけで毎日食べるなんて飽きる.. また、運動も殆どできませんでした。

私はもともと体育が得意ではありません。そのため、ジムに通って痩せようなんて選択肢はなし!父には「自分でお金を出してジムに通えば、勿体ないと思うから続くかも」と言われましたが、そもそも大学院生時代は高校で非常勤講師をしており、仕事で忙しくてそんな暇はないと思っていました。かといって夜ウォーキングに行こうとすれば、「女の子一人では危ない」と言われ、実現はできない…

そんな中、結婚して初めてダイエットに成功しました。主人と一緒に豆腐を使ってダイエットをしたのです。水切り豆腐に小麦粉を混ぜて焼き、ハンバーグにしたりステーキにしたり、揚げてナゲットにしたりして、豆腐を主食にしたのです。また、その中に入れる調味料やソースを変えることで多少味を変えることもできましたし、豆腐ハンバーグをカレーやスパゲティのソースで煮込むことで、少し豪華な一品にもできました。主人は「ご飯は残り物でも問題ない」という人でしたので、似たような食事が何回か続いても問題なく、有難かったです。
さらに野菜たっぷりのお味噌汁やスープを作ったり、サラダや煮物などを作り、野菜を毎日しっかり取るようにしていました。そのため便通も改善され、便秘をしなくなりました。
野菜スープも大活躍
ただしこの豆腐と野菜のダイエットは必ずストレスが溜まるので、1週間に1回は好きなものを食べる日を作っていました。お菓子もジャンクフードも食べたいじゃないですか!また、身体も豆腐と野菜だけの低カロリー生活では、最初は体重が減りますが、徐々に身体が飢餓状態に陥ってしまうため体重が減らなくなるのです。
また、その反動で何かカロリーの高いものを食べたらリバウンド、という結果にもなり兼ねません。そのため、私たちは1週間に1度はジャンクフードでも何でも好きなものを食べ、身体が低カロリーに慣れないように気を付けていました。それは確かに効果があり、翌日は食べた分だけ体重が増えますが、1週間に6日間豆腐と野菜の生活を繰り返すとしっかり体重が減っていきます。

この方法で私たちは、1ヶ月1~2キロほど減らすことができ、最終的に8キロほど減らしました。その後妊娠したためダイエットはやめてしまいましたし、つわりのために食生活が乱れ、主人のダイエットも停滞していますが、悪阻が終わり次第、また豆腐と野菜で健康的な食生活を取り戻したいと思っています。